2010/12/12 6人編成ライブレポ!


世間を賑わすカブキアクターをMCのネタに使おうと思案していたら
そのアクターの父親アクターが京都の地に来ていると言う事もあって
何かトラブルを招くのもナニなので、即座に引っ込める師走の日曜日。

一週間のご無沙汰でございます。
窓辺のマーガレット、あなたのEddieです。

さーて、今回は我々にとってもイベントというか「お祭り」。
リー・リー・ルイスのドラマーであるHiroshiを迎えての6人編成ブラック・ダイヤモンド!
ということは、Drのオズがフロントに移動してスタンディング・ボーカルでございます。

デカイ男3人が前に立ち、そしてちっこい姐さんが暴れまくる日でもありますねw
リーダーOZはステージで暴れまくってました。
Bass,Huckは今日はアンプにもたれていませんでした。
ワタクシといえば、密かに足がこむら返りを起こしてましたw
急にDr参戦が決まったにも関わらず、
クリスマスソングにも対応してくれたHiroshiに感謝!
そして、マイケルはいつものようにマイケルでした。

本日の新レパートリー(とはいえ各自は別のバンドでそれぞれやってたのですが)は
ザ・コースターズの「ザット・イズ・ロックンロール」。

これは1959年のシングル「Along Came Jones」のB面曲なのですが、
シャネルズやチェッカーズなどがカバーしてたりするので、
レパートリーにしてるバンドもけっこう多かったり。
(自分はAGヒストリー在籍時以来、15年ぶりに演奏しましたがw)
A面の「Along Came Jones」は本国アメリカでは1959年、チャート9位を記録してます。
SAXがメンバーにいない分、間奏はとっても大変ですが(笑)

そしてクリスマスソングを演奏するのも、スケジュール上、今日が最後。
Connie姐さんの「恋人がサンタクロース」は縦ノリで異様に盛り上がってましたw
リーダーOZのワム!「ラスト・クリスマス」、そしてオイラの「ジングルベル・ロック」と
楽しんで頂けたかと思います。
来年、またこれらを演奏するのか・・・?
気分屋さんの多い我々ですから未定という事でw

本当にたくさんのお客さんに来て頂いて感謝感激です。
リクエストも本当に大量に頂きまして、
全てお応えできなかったかもしれませんがご了承下さいね。

次回の我々のライブは12/26(SUN)。
2010年、最後のブラックダイヤモンドのライブ。5人編成ゴレンジャーでお送りします。
5日早い年忘れ、ぜひぜひ遊びに来て下さいねー!

さーて、これで今日の記事書きはおし「マイケル」!
「おはようからおやすみまで」ブラック・ダイヤモンドでした!

(明日、親知らず抜いてきますww)

本日のセットリストは以下の続きから。

1st Stage

  1. ダイアナ(OZ)
  2. 恋はあせらず(Connie)
  3. シェリー(Michael)
  4. ラスト・クリスマス(OZ)
  5. ロコモーション(Connie)
  6. マイ・ボニー(Eddie)
  7. 砂に消えた涙(Connie)
  8. ワン・ナイト(OZ)
  9. アイ・フォート・ザ・ロウ(Hiroshi)
  10. ダイナマイト(Connie)
  11. 火の玉ロック(OZ)

2nd Stage

  1. ライオンは寝ている(Michael)
  2. ナオミの夢(OZ&Connie)
  3. ストップ・ザ・ミュージック(OZ)
  4. 恋人がサンタクロース(Connie)
  5. ボーイズ(Hiroshi)
  6. 恋のメキシカン・ロック(Eddie)
  7. テネシー・ワルツ(Huck)
  8. デスペラード(OZ)
  9. カントリー・ロード(OZ)
  10. ヴィーナス(Connie)
  11. レッツ・ツイスト・アゲイン(OZ)

3rd Stage

  1. 朝まで踊ろう(OZ)
  2. カラーに口紅(Connie)
  3. パイナップル・プリンセス(Connie)
  4. ルイジアナ・ママ(Eddie)
  5. ザット・イズ・ロックンロール(OZ)
  6. シンデレラ(Huck)
  7. 青い影(OZ)
  8. ワイプ・アウト(Hiroshi)
  9. メラ・メラ(Eddie&Michael)
  10. ヒート・ウェーヴ(Connie)
  11. ジョニー・B・グッド(OZ)

4th Stage

  1. サーフィンU.S.A.(Michael)
  2. さすらいのギター(Connie)
  3. ジングルベル・ロック(Eddie)
  4. ファンキー・モンキー・ベイビー(OZ)
  5. ミスター・ベースマン(Connie&Huck)
  6. ウィル・ユー・ラブ・ミー・トゥモロー(OZ)
  7. ツイストで踊り明かそう(OZ)
  8. ダドゥ・ロンロン(Connie)
  9. スロー・ダウン(OZ)

Encore 1

  1. ジニー・ジニー・ジニー(OZ)

Encore 2

  1. サタデイ・ナイト(Connie)
  2. パラライズド(Eddie)

Encore 3

  1. 恋の大穴(OZ)
  2. マイ・ボーイ(OZ)
Written by:Eddie(Guitar)

3 Responses to 2010/12/12 6人編成ライブレポ!

  1. 暖かくなったり寒くなったりと、気候は急激な変化で安定しないこの頃ですが…オズさん率いるブラックダイヤモンドは絶好調な安定感♪
    更に先日はドラムのひろちゃんをお招きしてのオズさんフロントボーカルのもと、六人編成でドカ〜ンとお贈りさせていただいたブラック♪

    沢山の皆さん、先日も遊びに来て下さいましてありがと〜ございました。
    差し入れや、チョコもいつもありがと〜ございます♪

    ひろちゃんのドラマチックなドラムでブラックの演奏も、そしてマイクを持っていない時のサイドに居てる時のワタクシとオズさんの変顔対決&ダンスも、あっちゅー間の四回ステージは幕になった一日でありました♪

    窓辺のマーガレット、黄レンジャーエディー氏がお贈りする[恋のメキシカンロック]では、いつものお手製の黄色いタスキに更には橋ゆきおさんのお面にリクエストカード(笑)Gさんの愛を感じますですね(笑)

    再来週の26日(日)年度末のブラックもウッキッキ〜〜〜♪♪

  2. 窓辺のマーガレット様、橋幸夫のおメンでごメンした♪
    まだまだ、ネタありますので次回を楽しみに♪
    窓辺のマーガレットさんが、高い鼻をマイクにぶつけながら熱唱するのがしびれます☆

    Connieさんも書かれてますが、マイクを持っていない時(マーガレットがセンターで熱唱&演奏してる時)のサイドでのオズさんとConnieさんの変顔ダンス&アイ-ンは視線を奪われます☆
    Connieさんの♪さすらいのギター♪大好き☆
    「あなたにすべてを奪われた私」と、私のほうに手をさしのべ歌ってくれるけど、まだ何も奪ってないし‥

    ヒロシ君のCD買ったけどノリノリ♪
    ♪恋のバスケットシューズ♪はメチャいい大ヒットの予感☆

    • >銀さん
      いやあ、あのお面はヤバイっすよww
      歌詞が吹っ飛びそうなぐらいのパワーありますぜ・・・・
      メキシカン・ロックはほんと、銀さん来場専用曲になりつつあります。
      (他の日は、まずリクエストこないのでw)
      また楽しみにしてますよー^^

      橋幸夫メンの有効利用の為に、もう一曲なんかあげるかなあ。
      恋をするなら」か「チェッ・チェッ・チェッ(涙にさよならを) 」かな。
      http://www.youtube.com/watch?v=LTQU1OHtwoQ

コメントを残す