「歌は世につれ~」60年代のアメリカ


「歌は世につれ世は歌につれ」っちゅう言葉がありますが
どんな時代に生み出された曲にも、その時代背景ってのがおますわな。

ラジオとか聴いてて、最近の曲を耳にする事が多いのですけども
世相が歌詞の内容とかに反映されてたりするんですねえ。
長く続く不景気、それに伴う閉塞感のせいか、
「○○とは何だろう?僕は(私は)一体何の為に存在しているんだろう?
いやいやそれでも生きて行かなければならないから」的な悲壮感あふるる詩が
世のヤング達のハートを掴んでいるみたいで、結構複雑。

オイラがティーンエイジの頃は
「くだらない世の中だ。ションベンかけてやろう。
打ちのめされる前に、僕ら打ちのめしてやろう」
とブルーハーツが歌ってたわけで
こりゃあもうアプローチからしてまるで正反対なのが逆におもしろかったり。

我が日本は幸い1945年の終戦以来、
直接(あえてこういう言い方をする)戦争に荷担する事はなかったんですが
アメリカは60年代当初から、ベトナム戦争、冷戦というものを抱えました。
特に北爆が始まったのが1965年ですから、
やはりアーティストが作る楽曲や、映画などの文化にも
それが色濃く反映されるのは仕方ない事で。

戦争なんてえのは国と国との事情であって、
それに動員される人は好きでやってるわけやないですから
もちろん「こんなもん意味あんのか」的な運動が起こってきます。
それが1960年代後半から
ヒッピー~フラワームーブメントという流れを生みます。
色んな反戦歌が作られて歌われたりしました・・・・

が。

しかし、1966年の年間チャートナンバー1は、
なんと本当にグリーンベレー所属でベトナム戦争に従軍した
バリー・サドラー軍曹が歌う「The Ballad Of The Green Berets」
というわかりやすさ。
http://www.youtube.com/watch?v=LH4-tOqLH94
殉死した隊員が妻に「オレの息子をグリーンベレー隊員に育てろ」と
言い残す、いわば戦争賛歌に近い内容の曲です。
この辺の国民の団結力もなかなか理解しがたいもんもありますが
まあ、これも事実。

しかしこの戦争がアメリカという国にとって不利な状況に動き
終わってみて「ありゃあ一体なんやったんや?」と思う人ももちろんいます。
シルヴェスター・スタローン 主演映画「ランボー」の原作が
書かれたのは1972年の事。
映画化されたのは1982年ですけども、
続編の「いっぱい武器出てきてオラオラオラ!」という娯楽部分はさておき
1作目はとても重い雰囲気の映画だったのを覚えてる人も多いはず。

オレは国の為に一生懸命尽くして戦争をやって帰ってきたつもりだ。
 なのに仕事もなく、この仕打ちはなんだ!」と映画のラストで
ランボーが大佐に激白するあのシーンこそが重要なテーマ。

戦後、このテーマで書かれた曲で一番に思い浮かぶのは
ブルース・スプリングスティーンの「Born in The U.S.A.」。
http://www.youtube.com/watch?v=MdZajhVsA6A
この大げさなアレンジ、そして国旗を背負いまくったPVに
「オレはアメリカに生まれたんだぜー!ヒャッホウ!」的な
イメージがまず思い浮かびますが、実際の歌詞は・・・

——————————————————
活気のない街に生まれ
歩きだした途端に落ちこぼれた。
ぶっ叩かれ続けた犬のように
人生の半分を人目を盗んで生きるようになる

オレはアメリカに生まれたんだ。
ここ、アメリカに生まれたんだよ。

地元でトラブルを起こしちまった。
それで奴等はオレにライフルを渡し、
オレは異国の地へ送られた。
黄色人種を殺すために。

オレはアメリカに生まれたんだ。
ここ、アメリカに生まれたんだよ。

戦争から戻って、製油所へ行った 
雇用係が言う。「私の一存ではどうにも」
退役軍人管理局も行ったが 
そこの男が言った「まだ分からんのかね?」

ケ・サーンでベトコン兵と戦った仲間(ブラザー)がいた。
ベトコンの連中はまだ生きているけど、ヤツはあの世行き。
ヤツはサイゴンで彼女が出来て、
オレはそのサイゴン娘に抱かれてるヤツの写真を持ってる。

刑務所のすぐ隣、
精油所からの燃えるガス炎の近くで
オレは10年、煮えくり返る思いで生きてきた。
もう逃げる所もなければ行く所もない。

オレはアメリカに生まれたんだ。
ここ、アメリカに生まれたんだよ。
——————————————————
というイメージとは全く逆の重すぎる内容。
アメリカ人ですら愛国歌と勘違いして
レーガン大統領の再選キャンペーンに利用されそうになったとか。

ベトナム戦争の悲惨さを直接歌った曲としては
ビリー・ジョエルの「Goodnight Saigon」も強烈です。

英詩、和訳はこちらから

アメリカという国がすごいなあ、と思うのは
こういう曲や作品をリリースできて、しかもそれがヒットしてしまう事ですわね。

我々は舶来の音楽に魅せられ、楽器を握り
そしてヘラヘラと(見える、と思うw)演奏してるわけですが、
その曲が生まれた時代背景であるとか、
作者が何を伝えたかったのか、などにも想いを馳せると
また違った思い入れが出てきたりもします。

冒頭に戻りますが、やはり
「歌は世につれ世は歌につれ」
というのはこれからも変わりはしないでしょう。

あ、もちろん、何にも考えずに
バカ騒ぎ出来る様な曲も好きなんですよ。
メッセージ性がないとダメ!みたいな考え方ではないのっす。
「イカス車であの娘誘ってレッツパーリーナウ!」とか大好き(笑)

そういうのを全部引っくるめた「想い出の再構築」の
手助けを我々、バンドが提供できればなあと思っているのです。

さ、次のライブまではけっこうブランクあるんで
がんばってブログ書きますかなw

でわでわ、おやすみなさい。

Written by:Eddie(Guitar)

2 Responses to 「歌は世につれ~」60年代のアメリカ

  1. ハックです。

    エディ君がせっかく良いスレ立ててくれたので、少しコメントを・・・

    僕のレパートリーの中では
    「What a wonderful world(この素晴らしき世界)」1968年
    が、ベトナム戦争を嘆いて書かれた歌詞です。

    僕のフェイバリットですので、ちょっとご紹介を。。。

    ——————————————————————————-

    I see trees of green(緑の木がみえる)
    Red roses too(赤いばらも)
    I see them bloom(咲いているのがみえる)
    for me and you(僕と君のために)
    and I think to myself(そして僕は思うんだ)
    What a wonderful world(なんて素晴らしい世界なんだって)

    I see skies of blue(青い空)
    And Clouds of white(白い雲がみえる)
    The bright blessed day(明るいうららかな日)
    And the dark sacred night(そして暗い神聖な夜)
    And i think to myself(僕は思うんだ)
    What a wonderful world(なんて素晴らしい世界なんだって)

    The colors of the rainbow(虹の色が)
    So pretty in the sky(そらにとてもきれいに)
    Are also on the faces of the people going by(それは通り過ぎて行く人々の顔にも)
    I see friends shaking hands(友達通しか握手しているのがみえる)
    Saying, How do you do?(こんにちは、といっている)
    They’re really saying(でも本当ははこう言っているんだよね)
    I love you(I love you)

    I hear babies crying(赤ちゃんが泣いているのがきこえる)
    I watch them grow(彼らが育っていくのをみる)
    They’ll learn much more(彼らはたくさん学ぶんだ)
    Than I’ll ever know(私が知っていることよりはるかに多くのことを)
    Yes I think to myself(そう、そして僕は思うんだ)
    What a wondeful World(なんて素晴らしい世界だって)

    ——————————————————————————–

    ベトナム戦争を嘆いて書いた歌詞なのに、ネガティブな歌詞が1つも出てこないところも好きなポイントです。
    だからこそ、歌うのは難しいんですが・・・

    • 映画「グッド・モーニング、ベトナム」での使われ方が忘れられん曲だね。
      この曲、当時イギリスではダントツの1位(4週連続)だったんだけど
      アメリカでは116位どまりだったらしいですわ。
      当事者、という意識は国民の気持ちにも影を落とすんだろうかね。
      複雑、そして悲しい話やなあ。こんなにきれいな歌詞なのにね。

コメントを残す