2015.9.7 そんなヒロシがまたまたやってきた


この間、「1年ぶり」と書いたばかりなのにそこから一ヶ月で
名古屋からそんなヒロシがやってきました。ヒロシです(古

というわけでリーダーOZのフロントヴォーカルがまたも実現。
せっかくだからなんかやろう、という精神は結成以来生きております
我々ブラック・ダイヤモンドの面々でありますが故に、
2013年のOZバースデイ(イエロー・ジャケッツさんとの対バン!)時
演奏したチェッカーズ・メドレーを再び演奏してみました。

そして、ヒロシがやってきたって事なので
なんと2011年11月以来の演奏になるサザンのナンバー
そんなヒロシに騙されて」を演奏!
まだキーボードがTeruではなくてマイケルの時代ですねえ。
よく覚えてるもんだよほんと。
あ、コニー姐さん曰く「ヒロシにはまだ騙されてない」との事ですよ(笑)

そして久しぶりの石原裕次郎「嵐を呼ぶ男」も。

リーダーOZ曰く「ヘタしたら20年ぶり以上かなあ」という
エルヴィスのナンバー「アイ・ウォント・ユー、アイ・ニード・ユー、アイ・ラヴ・ユー」もラストステージに披露。

非常に盛り沢山の5ステージとなりました。
「スロー・ダウン」を歌おうとしたらマイクのスイッチが切られていた
という姐さんの嫌がらせを受けながらも乗り切りました(笑)

次回の我々のライブは9/17(THU)、5人編成での出演となります。
ヒロシがいつ来るかはまだ未定ですが、追ってお知らせ致しますね。

あ、本日のステージ写真はいつも撮影してくれている
スタッフ、スーさんが自身のライブのためにお休みだったのでありません。

さて本日の記事はこれでおし「マイケル」っと。
「おはようからおやすみまで」あなたのブラック・ダイヤモンドでした。

本日のセットリストは以下です。

1st Stage

  1. アット・ザ・ホップ(OZ)
  2. 恋はあせらず(Connie)
  3. 雨をみたかい(Huck)
  4. ラヴ・ポーションNo.9(OZ)
  5. すてきな16才(Connie)
  6. この世の果てまで(Connie)
  7. スタンド・バイ・ミー(OZ)
  8. ボーイズ(Hiroshi)
  9. ロコモーション(Connie)
  10. サマータイム・ブルース(Eddie)
  11. ルシール(OZ)

2nd Stage

  1. ラ・バンバ(OZ)
  2. 月影のナポリ(Connie)
  3. ダイアナ(OZ)
  4. ミスター・ベースマン(Connie&Huck)
  5. デイドリーム・ビリーバー(Hiroshi)
  6. 砂に消えた涙(Connie)
  7. 太陽は燃えている(OZ)
  8. ロック・アラウンド・ザ・クロック(OZ)
  9. ヴィーナス(Connie)
  10. ロール・オーバー・ベートーベン(Eddie)
  11. レッツ・ツイスト・アゲイン(OZ)

3rd Stage

  1. キッスは目にして!(Connie)
  2. ラッキー・リップス(OZ)
  3. チェッカーズメドレー(OZ)
    ギザギザハートの子守歌~
    ジュリアに傷心(ハートブレイク)~
    Song For U.S.A.~
    涙のリクエスト
  4. そんなヒロシに騙されて(Connie)
  5. シーサイド・バウンド(Teru)
  6. ローズ (Connie)
  7. ワンダー・オブ・ユー (OZ)
  8. ルート66 (OZ)
  9. シンデレラ(Huck)
  10. 君の瞳に恋してる(Connie)
  11. ツイストで踊り明かそう(OZ)

4th Stage

  1. 嵐を呼ぶ男(Hiroshi)
  2. アイ・ニード・ユア・ラヴ・トゥナイト(OZ)
  3. ビー・マイ・ベイビー(Connie)
  4. 悲しき街角(OZ)
  5. ウォーク・ドント・ラン(Instrumental)
  6. ボーイ・ハント(Connie)
  7. マイ・ボーイ(OZ)
  8. 朝まで踊ろう(OZ)
  9. イッツ・ソー・イージー(Connie)
  10. スロー・ダウン(Eddie)
  11. ロング・トール・サリー(OZ)

5th Stage

  1. アイ・ウォント・ユー、アイ・ニード・ユー、アイ・ラヴ・ユー(OZ)
  2. ヴァケイション(Connie)
  3. ナオミの夢(OZ&Connie)
  4. 好きにならずにいられない(OZ)
  5. ヒート・ウェーヴ(Connie)
  6. カモン・エヴリバディ(Eddie)
  7. 恋の大穴(OZ)

Encore

  1. かっこいいツイスト(Connie)
  2. グッド・オールド・ロックンロール(OZ&Eddie)
  3. ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロウ(OZ)
Written by:Eddie(Guitar)

One Response to 2015.9.7 そんなヒロシがまたまたやってきた

  1. 6人編成楽しかったねー。
    5人編成とは違う楽しみがあってよろしいな。
    たまに会うミュージシャンと演奏したら、演奏するだけで最近の傾向がわかったりね。
    吉とでるか凶とでるわわからんけど、それもライブの楽しみやね。

コメントを残す