7/3 5人編成ライブでしたん


7月に入りましたねい。京都の街は祇園祭に向けて一気にヒートアップ。
そして空いてる駐車場を探すのに苦労する季節がやってまいりました。

お元気ですか?あなたのポンジュースEddieです。
「Huckさんってどんなお酒が好きなんですかぁ?」・・オレにふるな、知らん!
と、まあ巷で話題の台詞も盛り込みつつ今日のレポ行くよ-!w

本日はもうね。何が久々かって「京都の恋」ですよ。
ああ、もう心臓バクバクでしたよ。次のコードなんだっけーって(笑)
ブログ内検索してみたら、なんと2/28のライブ以来の演奏ww
それでも大事故が起こらずなんとか演奏を終えることができてよかったです。

今週の新曲は1977年にビルボード3位に輝いた
ビリー・ジョエルの「素顔のままで」でした。
http://www.youtube.com/watch?v=hjCoBTzrN9E
この前ブログで「ビリー・ジョエルの曲がレパートリーにない!」って書いたので
ちょっとあっしががんばって歌ってみました。
いや、他のバンドではよく演奏してたんですけども、歌ったことはなくて(笑)
「よかったよ!」と声をかけて頂いて、照れくさいのなんの。

もしかして、ディスコ好きな方々には
バリー・ホワイトのカバーの方がなじみあるかも。

この人のバリトンボイスもたまらん魅力なんですけどねえ。

中学の時からこの曲は大好きで、歌詞は頭に入ってたんですよね。
これがまた超甘々なラブソングでねえ。
子供にはすごく「大人の世界」に思えたんす。

———————————————–
僕を喜ばせるために変わろうとしなくていいんだ
今まで君は僕を落ち込ませた事なんてなかったよ
不必要な想像はいらない
自分が普通すぎて僕と釣り合わない、なんて事は

君がつらい時はそばにいるよ。
これまでだってうまくやってきたじゃないか
ずっと楽しかったし、そしてこれからのつらい事も受け止めるよ
素顔のままでいてくれればいいから

新しいファッションなんかに挑戦しなくてもいいし
髪の毛の色も変えなくてもいい
僕は口べただけど君はわかってくれてるよね
ま、わざわざ僕が心配することでもないかもしれないけど

気の利いた会話なんてのもいらない
変にがんばるなんてのもしたくない
普通に話が出来る誰かが欲しいだけなんだ
素顔のままの君がね。

君がいつも僕の昔の彼女みたいになろうとしてるのを
知っておくべきなんだろうな。
僕が君を信じてるみたいに
君に僕を信じてもらうには何が必要なんだろう

愛してるって言うよ。それが永遠だとも。
そして心から約束するさ。
もうこれ以上うまくは愛せないから。
素顔のままの君を愛してる。
—————————————————
とまあ、普段「メキシカンロック~ごーごー♪」とか歌ってる人が
この歌詞を歌うには完全に空気が読めてない気もしますけども
まあ、その・・・好きなモンはしょうがおまへんわw
継続して演奏するかはどうかはお客様次第って事で。
(お、そや。ブライダルパーティーとかには使え・・・ゲフンゲフン)

さて、次回の我々のライブは7/10(SUN)。またも5人編成です。
ぜひぜひ暑い夏を吹き飛ばすために大汗かいて騒ぎに来てくださいね!

今日の記事はこれでおし「マイケル」っと。
「おはようからおやすみまで」ブラック・ダイヤモンドでした。

今日のセットリストは「Continue Reading」から確認できます-。

1st Stage

  1. カラーに口紅(Connie)
  2. ハロー・メリー・ルー(OZ)
  3. オー・キャロル(Huck)
  4. サーフィンU.S.A.(Michael)
  5. ストップ・ザ・ミュージック(OZ)
  6. ロコモーション(Connie)
  7. ボーイ・ハント(Connie)
  8. 青い影(OZ)
  9. ツイスト・アンド・シャウト(Eddie)
  10. ダイナマイト(Connie)
  11. アイ・ソー・ハー・スタンデイング・ゼア(OZ)

2nd Stage

  1. デスペラード(OZ)
  2. 朝まで踊ろう(OZ)
  3. パイナップル・プリンセス(Connie)
  4. ナオミの夢(OZ&Connie)
  5. シンデレラ(Huck)
  6. ローズ(Connie)
  7. 星影のバラード(OZ)
  8. 君の瞳に恋してる(Connie)
  9. 恋のメキシカン・ロック(Eddie)
  10. ツイストで踊り明かそう(OZ)

3rd Stage

  1. カントリー・ロード(OZ)
  2. 愛の奇跡(Connie&Eddie)
  3. すてきな16才(Connie)
  4. ゲット・レディ(OZ)
  5. 京都の恋(Connie)
  6. セプテンバー(Michael)
  7. テネシー・ワルツ(Huck)
  8. 素顔のままで(Eddie)
  9. ファンキー・モンキー・ベイビー(OZ)
  10. コール・ミー(Connie)
  11. ジョニー・B・グッド(OZ)

4th Stage

  1. ダイアナ(OZ)
  2. ドゥ・ユー・ウォナ・ダンス(Connie)
  3. ダンシング・クィーン(Connie)
  4. ザッツ・ザ・ウェイ(Eddie)
  5. フットルース(OZ)
  6. マイ・ボーイ(OZ)
  7. ミスター・ベースマン(Connie&Huck)
  8. ヒート・ウェーヴ(Connie)
  9. ルシール~クロスロード(OZ&Eddie)

Encore

  1. ヴィーナス(Connie)
  2. レッツ・ツイスト・アゲイン(OZ)
Written by:Eddie(Guitar)

3 Responses to 7/3 5人編成ライブでしたん

  1. 先日のブラックダイヤモンドにも遊びに来て下さった皆さん
    ありがと~ございました。

    そしていつもチョコレート等などもありがと~ございます。

    いやしかし、「素顔のままで」かなりかな~りええあんばいでしたね♪
    あのイントロが始まり、そして ♪ドンノーチェンジー♪ と、歌い出すエディー氏。
    まあ素敵♪
    皆さんも良い顔されてましたもの♪

    これからもいろんな曲ピックアップで、ブラックのライブのアジを楽しんでいただきたいですね♪

  2. あらっ…(汗)

    耳コピーってイヤ~ね~
    ははは…←笑うしかない始末

コメントを残す