11/21 ライブ終了!っと


一週間のご無沙汰でございました。

髪を切ってライブに挑んだものの、様々な賛否両論が飛びかいまして
「渡辺徹にしか見えない」などとも言われ、喜んでいいのかはたしてどうなんだ、
という疑問で頭の中はハイオク満タン状態の窓辺のマーガレット、あなたのEddieです。

いやー、しかし京都は観光シーズン真っ最中なのですね。
車で京都ケントスに向かっていたんですが、いつもからは考えられへん渋滞、
そしてあちこちに警察官が立って抜け道を封鎖している状態でした。
おかげで少しリハーサルに遅れましたがw

本日の新曲は2曲!
まずは「尾道が生んだスーパースター」”魅惑のファルセットボイス”のマイケルが
ザ・スタイリスティックスの「愛がすべて(Can’t Give you Anything)」をチョイス。
ヴァン・マッコイのプロデュースに移行してディスコサウンドになってからの
大ヒット曲です。(1975年。イギリスでは1位を獲得!)

日本でもギャツビーのワックスのCMですっかりお馴染みでしょう。
マイケルのレパートリーはどんどん70年代ソングに移行していってます(意図的?)

んで、もう一曲はもはやスタンダードな名曲「テネシー・ワルツ」をHuckがチョイス。
なんと1946年に書かれた曲だそうで、我々のレパートリーでは一番古い曲ですねい。
良く知られているのはパティ・ペイジがカバーした1950年のバージョン。
日本では江利チエミさんのカバーが一番ピンと来るんではないでしょうか。
Huckの歌うバージョンにもぜひピンと来て頂きたいものですw
http://www.youtube.com/watch?v=1at55urOXTo
今回もたくさんのお客さんに来て頂きまして、本当にありがとうございました。
色々と形を変えながら、楽しんでライブをやっていきますので
これからもよろしくお願いしますね!

さて、これで今日の記事書きはおし「マイケル」!
「おはようからおやすみまで」暮らしを見つめるブラック・ダイヤモンドでした。

今回のセットリストは以下の続きから!

1st Stage

  1. 悲しき雨音(OZ)
  2. ヴァケイション(Connie)
  3. ライオンは寝ている(Michael)
  4. 京都の恋(Connie)
  5. 恋の片道切符(OZ)
  6. テイスト・オブ・ハニー(Inst.)
  7. つのる想い(Connie)
  8. アンチェインド・メロディ(OZ)
  9. ペパーミント・ツイスト(Eddie)
  10. 涙の太陽(Connie)
  11. ロング・トール・サリー(OZ)

2nd Stage

  1. ラブ・ポーションNo.9(OZ)
  2. 恋のフーガ(Connie)
  3. デイドリーム・ビリーバー(Eddie)
  4. ナオミの夢(OZ&Connie)
  5. ルイジアンナ(OZ)
  6. ダンシン・イン・ザ・ストリート(Connie)
  7. トップ・オブ・ザ・ワールド(Connie)
  8. 星影のバラード(OZ)
  9. 朝まで踊ろう(OZ)
  10. ハウンド・ドッグ(Huck)
  11. ヴィーナス(Connie)
  12. グッド・ゴーリー・ミス・モリー(OZ)

3rd Stage

  1. 青い影(OZ)
  2. ロコモーション(Connie)
  3. ストップ・ザ・ミュージック(OZ)
  4. パイナップル・プリンセス(Connie)
  5. サマータイム・ブルース(Eddie)
  6. テネシー・ワルツ(Huck)
  7. ボーイ・ハント(Connie)
  8. 愛がすべて(Michael)
  9. シンデレラ(Huck)
  10. アンチェイン・マイ・ハート(Connie)
  11. ジョニー・B・グッド(OZ)

4th Stage

  1. ツイストで踊り明かそう(OZ)
  2. イッツ・ソー・イージー(Connie)
  3. ミスター・ベースマン(Connie&Huck)
  4. ラヴ・ミー・トゥナイト(OZ)
  5. セプテンバー(Michael)
  6. マイ・ボーイ(OZ)
  7. メラ・メラ(Eddie&Michael)
  8. 君の瞳に恋してる(Connie)
  9. ルシール(OZ)

Encore 1

  1. ヒート・ウェーブ(Connie)
  2. アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア(OZ)

Encore 2

  1. パラライズド(Eddie)
  2. スロー・ダウン(OZ&Eddie)
Written by:Eddie(Guitar)

One Response to 11/21 ライブ終了!っと

  1. 新曲…それは、未知なる挑戦……。

    新曲…それは、忘却との闘い……。

    いや、ホンマ゙に…。

    はい、本日もおかしなテンションで登場、Keyboad マイケルです。

    今回も沢山の方々にお越し頂き、有り難うございましたm(__)m

    新曲、如何でしたでしょうか?

    まず、ハックちゃんの「テネシーワルツ」。言わずと知れた名曲。最近では、綾戸 智恵さんのバージョンでも有名になりました。

    様々な名演、名唱がございますが、ハックちゃんの、いなた〜い(という言葉の意味はよく分かりませんが、なんとなく雰囲気で…)ボーカルに似合うピアノを弾けるよう、日々研究していきたいと思っております(おぉ、我ながらマッジメ〜)

    んでもって、ワテの「愛がすべて(Can’t Give You Anything)」。こちらは、エディ師匠が、詳しく解説しておられるので、そちらを御覧下さい。(丸投げ)

    この曲、よく「歌って〜なぁ」なんてお声を頂いていて、実は、以前に歌っていた事があって、「いつか、ブラックで出来たらいいなぁ…」なんて思っていたのですが、その「いつか」がやって来たのであります!

    また、このサイトにも、ご意見、ご感想を頂ければ幸いですm(_ _)m

    ふぅ、しっかし、ここまで書くのに30分以上経過しております(汗)

    何処までデジタル音痴なのでしょうか?(悲痛)

    現代に生きる化石キーボーディストとは、ワテの事であります!(って、なんのこっちゃ?!)

    うぅぅ、早く現代人になりた〜い(´Д`)(妖怪人間風)

コメントを残す